QT3日目はサスペンデッドとなりました

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)主催のQT1Stステージの3rd Roundが行われました。未明からの雨が降り続けるあいにくの悪天候となり、14時50分頃からの集中豪雨によりプレー中断、再開後さらにプレー中断するなど21組のうち3組残してサスペンデッドとなりました。3日目終了できなかった3組は明日6時30分からスタートします。そのため最終ラウンドのスタートは8時20分の予定です。

 

11アンダーで首位に3人並ぶ。

月が替わり9月になりましたが、猛暑が続いてます。日本ゴルフツアー機構主催のQT1stステージ2日目が行われました。薄曇りとはいえ気温30度を超す猛暑の中、熱戦が繰り広げられました。

 初日、8アンダーの64で首位に立った上森大輔はほとんど曲がらない安定したショットと好調なパットで33、36の69でホールアウト、トータル11アンダーとスコアを伸ばしました。

 また初日67で3位タイだった澤崎安雄は31、35の66をマークしてトータル11アンダーでホールアウト。初日69の9位タイの光田智輝も好調なショットで31、33、64の猛チャージでトータル11アンダーで首位に並ぶなど激戦となっています。

1stQT第②会場奈良柳生カントリークラブ第2ラウンド成績表

本日はQTのレジストレーション

 

 いよいよQTが始まりました。本日は指定練習と出場選手のレジストレーションの受付が行われています。レジストレーションとは明日からのQT1stへの出場の登録確認のことです。QT出場に際しQTの規定を遵守することと違反した場合の処分等に従うという同意書に署名することです。

 今回のレジストレーションでは新型コロナ感染症対策として抗体検査を義務付けてます。クラブハウス前で抗体検査キットを受け取り、検査して正常を確認してからフロントに設けているレジストレーション受付で手続きを行います。

※写真上から①選手からコロナ感染症の問診票を受け取り、抗体検査キットを渡す。②抗体検査の使用法の説明を受け ③自ら検査を行う ④検査で異常がなければクラブハウスへ ⑤レジストレーションの手続きを行う

いよいよ明日からQTが始まります。

 

 明日(8月30日)からいよいよ一般社団法人・日本ゴルフツアー機構(JGTO・青木功会長)のクォリファイングトーナメント(QT)が始まります。昨年度は新型コロナウイルス感染症のため中止となりましたが、今年度はコロナ対策を徹底して実施されます。

 JGTOから今大会を担当する吉川泰正競技委員長ほか8名のスタッフが本日来場され、本部の機材設置やコース点検など準備を行っています。

 JGTOのQTとは、来年度のツアー出場のシード権をもたないプロが出場資格を獲得するための競技で1st、2nd、3rd、Finalの4ステージを勝ち上がって行く、いわばサバイバルゲームです。 

 明日はQT1stの指定練習日とレジストレーションが行われ、8月31日から9月3日までの4日間72ホール・ストロークプレーで熱戦が繰り広げられます。

 例年QTには韓国や中国、タイ、オーストラリアなど外国のプロも数多く参戦しますが、今年はコロナ禍のせいか外人選手はゼロで、参加選手は90名です。 

 JGTO競技委員と打合せしたコースセッティングに合わすべくコース作業を進めていますが、8月の日本列島を覆うような線状降水帯が繰り返し発生し梅雨並みの長雨が続いたせいで芝のメンテも大変です。とくにグリーンの芝は弱っており低(ひく)刈りができず当初予定の10フィート以上のグリーンスピードを出すのが難しい状況ですが、なんとか頑張って10フィートにすると鈴木グリーンキーパーは尽力しています。

 4日間、好天に恵まれベストコンディションで選手の技量を十分に発揮しレベルの高い熱戦が繰り広げられるよう、コーススタッフ全員、頑張ってます。 

奈良オープンのアマ予選会開催

 第22回奈良オープンゴルフ選手権大会のアマチュア予選会が本日、奈良柳生カントリークラブで行われました。快晴微風の絶好のコンディションの中で103人のアマチュアが参加して6月18日・19日(KOMAカントリークラブ)の本戦出場を目指して熱戦が繰り広げられ、河村唯人選手が37、34の1アンダー71で見事首位で予選を通過しました。以下81までの25人が予選を通過し本戦への出場権を獲得しました。

【成績表はこちらからご覧いただけます】

女子ツアー「ダイキンオーキッド」開幕。

今日3月4日、日本女子プロゴルフツアー「ダイキンオーキッド」(沖縄・琉球GC)が限定ながら1000名の有観客で開幕しました。

 コロナ禍の開催にあたり、入り口で検温、マスク着用、大声で声援しない、コース内通路のローピングも広く確保する、観客席もソーシャルディスタンスを守るなど感染防止対策を徹底されているそうです。

 初日の主たる組合せを見ると
●上田桃子 古江彩佳 渡辺彩香
●小祝さくら イ・ボミ 諸見里しのぶ
●鈴木愛 原英利花 テレサ・ルー
●渋野日向子 笹生優花 イ・ミニョン
といった見応えのあるペアリングです。待望久しい今年の女子プロツアーがやっと幕が上がりました。週末のテレビ中継が楽しみです。

女子プロゴルフツアー3月4日に開幕。

 いよいよ3月4日から国内の女子ゴルフツアーが開幕します。昨年開催した14試合はすべて無観客で行われましたが、今年度の初戦であるダイキンオーキッド(沖縄・琉球GC)は1日1000人の限定ながら観客を入れて開催されることになりました。

 コロナ禍にあって女子ゴルフツアーの人気は衰えず、今年度は38試合、賞金総額42億2千万円と過去最高額となります。

 昨シーズンはコロナ禍により14試合しか開催されませんでしたが、群を抜く飛距離で2勝挙げた笹生優香をはじめ、ルーキーながら3勝を挙げた古江彩佳、そして1勝した西村優菜といったプラチナ・ミレニアム世代のルーキーが大活躍、渋野日向子、小祝さくら、鈴木愛、原英利花ら黄金世代と共に女子プロゴルフツアーを大いに盛り上げました。

 黄金世代、プラチナ世代の活躍は女子ゴルフツアーを一層盛り上げ熱い戦いがさらに人気を博すことになるでしょう。3月4日の開幕戦が待ち遠しいですね。

プロ転向金谷が日本オープンに挑む。

 日本一のゴルファーを決めるナショナルオープン「日本オープンゴルフ選手権」が今日(15日)から千葉県の紫CCすみれコース(7317ヤード、パー70)で開幕します。

 男子日本一を決めるナショナルオープンだけにテレビ放送もNHKが初日からBS併用で熱戦を放送してくれます。

 今大会の目玉は何といってもアマチュア世界一に輝いた金谷拓実選手(東北福祉大学4年)が今月2日にプロ転向し、この日本オープンに参戦します。アマチュアとしてこの大会5度出場し、2017年には優勝争いをして惜しくも2位だっただけに、プロ転向後初戦で優勝の快挙も夢ではありません。

 プロ転向後、最速Vは松山英樹選手の転向2戦目の「つるやオープン」優勝がありますが、金谷選手が優勝すればプロ転向初戦Vで史上最速記録となります。しかもメジャータイトル獲得となれば松山選手以上の逸材として世界に通用するプロの誕生です。ぜひ期待したいものです。

日本女子オープン、始まる。

 女子ゴルファー日本一を争う日本女子オープンゴルフ選手権が今日(10月1日)から4日間、福岡県のゴルフ場(ザ・クラシックGC)で行われます。

 男女ともトーナメント開催がコロナ禍のためほとんど中止される中、女子ゴルフの最高峰・日本女子オープンが開催されるのはゴルフファンにとっては何とも有難いですね。

 日本ゴルフ協会(JGA)主催のメジャートーナメントだけにNHKが初日から最終日までBS併用で放送してくれるので、たっぷりTV観戦できます。しかも民放のようにゲームの流れがCMで中断されることがなく楽しめるのはファンにとっては有難いです。

 今大会は昨年までの4年間で3回優勝している畑岡奈紗や昨年7位の渋野日向子が米ツアーに参戦しているため不出場ですが、期待の新星・笹生優花や古江彩佳や小祝さくらなどが女子ゴルファーNO1の座を目指して争う熱戦がTV観戦できるのは嬉しい限りです。