台風は逸れたが大雨でクローズとなりました。

 台風14号の上陸は免れましたが、週初めからの台風情報で日々キャンセルが続出うんざりです。本日は開場記念競技を予定していて25組、100名近くがエントリーしていましたが、台風情報と雨でキャンセルが相次ぎ、今朝8時の時点で8組26名が残っていました。

 天気予報では台風が上陸することなく太平洋上を東へ逸れたものの、雨は前日から降り続き、9時半頃から雨は上がるとの情報で皆さんチェックインして待機。スマホ片手にウェザーニュースなどの予報を見てましたが、雨は上がるどころか20ミリ、30ミリの豪雨が9時過ぎから11時にかけて降り続き、さすがに待機中の皆様も「もう待ちきれない」と次々と全員お帰りになり、やむ得ず雨による自然クローズとなりました。

 11時現在の今も雨は降り続いてます。写真のように18番グリーン左横バンカーは水が溢れグリーンまで流れ込む強烈な雨が降り続いてます。ウェザーニュースによると午後からは雨は上がり明日は、天気は良いとのことですから、クラブ選手権、シニア選手権は挙行できそうです。明日の競技のためにバンカー内の水抜きなどコーススタッフはコース整備にこれからかかります。

ようやく梅雨が明けました。

 長い梅雨がようやく明けました。いよいよ夏本番です。とはいえ今年の夏は新型コロナウイルス感染症の影響で子供たちの夏休みも短縮されたり、家族旅行や帰省などを控えるなどいつものような夏が実感されないのは私だけではないようです。

 この夏はコロナに感染しないようにしっかり自己防衛するとともに、熱中症対策にも万全を期さなければなりません。ゴルフで思い切りストレスを発散してください。夏のゴルフはストレス発散、健康のためのゴルフと割り切ってスコアにこだわらず蝉の鳴き声を聞きながら青空の下、白球を追いながら緑の芝の上を歩きリフレッシュしましょう。

春の大雪に右往左往しました。

 昨日は朝から季節外れの大雪で右往左往しました。前日までの天気予報は朝方にかけて所により雷雨があるが、日中は晴れるとの予報に、ゴルフ場に着いた6時半過ぎは雨もなく安心していました。

 ところが7時半過ぎから雪が舞い始め空模様は暗転し間断なく雪は降り続き、まさか積もることはないだろうと高をくくり8時前からスタートさせていましたが、8時半頃から雪は激しく吹雪、グリーン上も徐々に白くなって行きます。すでにスタートした組もプレー中断せざるを得ない状況となりました。

 春の雪なのでさほど積もらないだろうと思っていましたが、雪雲が上空に居座った状態で、雪は降り続きました。来場された皆さんも「この時期に雪が降るなんて思わなかった。」と物珍しさもあり「雪がやんだらすぐに融けるだろう」とレストランやロビーで待機。

 スマホのウェザーニュースの雪雲(雨雲)レーダーを見ますがいっこうに雪雲は動かず容赦なく雪は降り続け、ヤマトCCや春日台CCは「痛いですが今日はクローズにしました」との電話をいただきました。隣接する木津川CCの支配人からも「雪がやみそうにないのでクローズにします」との連絡がありました。

 10時には雪は上がるというウェザーニュースを信じて、来場の皆さんにお待ちいただく時間のなんと長いことか。ただ雪さえ上がれば、前日の晴天で地熱があり雪質も柔らかく溶けやすいので、遅くとも昼前にはスタートできる確信がありましたので、辛抱強くお待ちいただきました。

 10時20分ようやく雪はやみ、雪が溶けるのに1時間~1時間半とふみ、11時半過ぎを目途にスタートさせることを決め、プレーはスループレーとし、待機時間中に昼食を召し上がっていただくようにお願いしました。

 「この雪ではプレーはできない」と判断されお帰りになった組も10組ほどありましたが、残っていただいた24組が11時50分アウト、イン無事に同時スタートすることができました。待ち時間2時間から早いスタートの方なら4時間近く文句もいわず辛抱強くお待ちいただいた来場者の皆さん、マナーに長けた本当にゴルフがお好きな方にお越しいただいてると感謝しました。昨日ご来場の皆さん、有難うございました。

※写真は8時過ぎに積もり始めた雪。総支配人・阪口 勇 

今冬初めての積雪クローズとなりました。

 天気予報の通り今日は未明からの雪で積雪クローズとなりました。今冬初めての雪によるクローズです。残念です。(写真上2枚)

 午後には雪も融けて晴れ間も見え、雪は完全に融けました。(写真3枚目)このままの天候で行けば明日は大丈夫だと思いますが、予報では今晩からまた降雪があるとのことですが、予報がはずれることを祈りたい気持ちです。

 明朝、6時半には事務所では電話対応しますので、積雪クローズと判断すればエントリーいただいてる会員の皆様にはお電話でご連絡いたします。電話がなければ営業するということでご理解ください。

恨めしい台風24号。

秋の気配を感じる絶好のゴルフシーズンが到来しましたが、週初めから大型台風24号の日本列島縦断を予測する各メデイアの情報にこの週末のエントリーは激減してしまいました。

 今日は台風より未明からの雨が今日一日降り続くというだけで昨日から今朝にかけてキャンセルの電話が殺到し、46組のエントリーが見るも無残な19組になってしまいました。

 今日はまだ台風の影響はありませんが、台風24号は、明日の進路予想では夕方から夜にかけて近畿地方に最接近するとみられ、大荒れの天気になる見込みとのこと。気象情報を正しく受け取ってもらえば台風の襲来は夕方から夜なので朝からのゴルフは大丈夫なのですが・・・・とぼやきたくなります。

 台風の接近は夜といえども一日雨が降るためか台風を口実に早々にキャンセル。明日のクラブ競技「親睦競技会」はキャンセル続出で、目も当てられません。当クラブだけでなくどこのゴルフ場も同じようです。エントリーが数組しか残っていないためすでにクローズを決定した所もあります。

 今回の台風24号は日本列島に近づくと大陸からの偏西風の影響で速度が速まるため、雨風が急に強まる恐れがり、突風や竜巻などに注意する必要もあるとのこと。コース内の倒木の恐れがある樹木や排水路の詰まりや軟弱な法面個所がないかなどグリーンキーパーに厳戒態勢をとるよう、指示しましたが何ともやり切れません。

台風20号の被害はありませんでした。

 強い台風20号の接近で土砂災害や浸水などに警戒するよう各メディアが呼びかけ、電車の運休や早目の帰宅など近畿地方全域で災害に備えました。台風の通過が夜中であったこともあり、大きな被害もなかったようです。

 当クラブも土砂災害や倒木などに備えましたが、今朝コースを巡回したグリーンキーパーの報告によると「雨量もそれほどでもなくバンカーの水溜りや流水跡もほとんどありません」とのこと。「倒木もほとんどなく落ち葉や小枝が部分的に散乱してる程度でスタートは問題ありません」との報告でした。会員の皆様ご安心ください。

台風一過、絶好のゴルフ日和です。

 

   異例の逆走台風12号は午前1時過ぎに伊勢市に上陸し、午前6時現在姫路市付近を西進しています。奈良には未明に100ミリ以上の大雨を降らしながら通過して行きました。

 台風一過、7時現在のゴルフ場周辺は雨も上がり時折青空も見える好天気に。コース内の被害状況は枯れた木や枝が散乱してるだけで、大きな被害はありませんでした。現在、コーススタッフが散乱した枝葉の清掃、とくにグリーン上に散乱した枝葉の清掃をしないとグリーンの刈り込みができないため総出で除去しています。

 このため、若干スタート時間を遅らせてスタートする予定です。かってない大雨を伴った大型台風ということで多くの方がキャンセルされましたが台風一過、不謹慎ですが絶好のゴルフ日和となりそうです。皆様のお越しをお待ちしております。

※写真上は午前6時半、雨も上がり晴れ間も見え始めた時に撮影。写真下は青空が広がる7時半に撮影。

記録的な大雨に開店休業状態です。

 梅雨末期の梅雨前線が日本列島を覆い記録的な大雨が続いています。西日本から東日本まで各地で大雨による被害が発生しています。

 福岡、長崎、佐賀、広島、鳥取、岡山県には大雨特別警報が発令されるなど、かってない記録的大雨だそうです。近畿でも京都の桂川が氾濫する可能性があるなど激流の様子がテレビ映像で何度も映し出され、大雨の怖さをまざまざと見せ付けています。

 こうした異常ともいえる大雨情報でどこのゴルフ場もキャンセルが続出し、ここ数日「自然クローズ」となっています。今日も昨日までにキャンセルの電話が鳴り放しでわずか3組しか残ってません。せめて雨は今日までで明日は雨が降らないように祈りたい心境です。

お天気情報の雨予報に惑わされないように。

 5月9日、早々に沖縄県では梅雨入りしました。近畿地方の入梅は平年で6月初旬、昨年は6月20日頃でした。ゴルファーにとっては嫌な季節ですが、四六時中雨が降ってるわけではありませんし、空梅雨ということもありますので天気の動向を見てゴルフをお楽しみ下さい。

 ただゴルフ場にとってはお天気情報の雨予報は最大の“営業妨害者”といえます。週間天気予報で傘マークが出たとたん、キャンセル電話がなり始めます。

 前夜の内に低気圧が移動して雨が降らなくなっても、一度キャンセルした人は不思議と戻ってきません。

 以前は、雨が降っていても豪雨でなければプレーするのは当たり前でしたし、ゴルフ場も雨によるキャンセルは認めていませんでした。昔のゴルファーは雨によるキャンセルは理由にならないので急用ができたとか体調を崩したなど、もっともな理由をつけてキャンセルしていました。

 しかしながら昨今のゴルファーはシニアや女性が増えたせいか、またいつでもゴルフができる状況にあるせいか、雨予報が出るといとも簡単にキャンセルされます。残念なことです。

 明日の天気予報も雨といってますが、よく聞けば午後(15時以降)から降り出し明後日の朝にかけての雨にもかかわらず、天気予報の一部を見たり聞いたりしてさも明日は朝から激しい降ると思い込む方が結構いるようです。

 テレビやラジオの天気予報を見たり聞いたりする場合は、日本列島全体でなく近畿地方しかも奈良県のお天気情報をしっかり聞き取って判断していただきたいと思います。

花の息吹が南から北へ。

 立ち枯れのような木々の枝に春の新芽が新しい命をはぐくんでいます。梅から桜へと花の息吹が南から北へと日本列島を縦断しています。例年ならば今日くらいがコースの桜が満開なのですが、すでに花は散って緑鮮やかな葉桜に。今日はマンスリー競技Bクラスが行われており、メンバー多数来場。「桜の満開を楽しみに来ました」という方が多かったのですが・・・・。

 先日、カメラマンの柴田ヒデヤス氏が来場し春のコース写真を撮影してくれました。木蓮などの花が美しく咲き誇る写真がありましたのでご紹介します。ホームページでも近々紹介する予定です。