NO4  PAR3
■Back194■Regular174■Front152■Gold135■Ladies135
#  
空撮映像はこちらから
 
周囲の山並みが美しいショートホール。ただし、美しい景色に見とれていると、
思わぬ落し穴が。谷を抜ける風がクラブ選択を難しくさせ、グリーンのアンジュ
レーションも難しく、乗せる位置によれば3パット、4パットも……。
 
コースデザイナー加藤福一からの一言
設計者は、このホールのティーグランド予定地になんども立ち、周囲の山並み
を眺めながら、奈良柳生のコース・イメージを練り上げました。実に美しい借景
を得ました。
16番ショートと同様、大きな谷埋め工事を経て、難産の末、生まれたホールで
すが、井戸木鴻樹プロを育てた、箕面ゴルフ倶楽部の前田利光プロが、奈良
柳生でもっとも味わいあるショートは4番ショートだ、といっているようで、内心、
苦労が報いられた思いがします。
将来は、バックティーを更に後方に広げる案もあります。直ちに、との必要性は
認めませんが、腕も道具も進歩一途のなか、将来220ヤードのショートが常識
化する時代がきても、奈良柳生なら対応できます。