奈良柳生カントリークラブ
  〒630-1242 奈良市大柳生町4800
  TEL: 0742-93-0789 FAX: 0742-93-0700
   当クラブは、関西文化学術研究都市の受け皿となり、都市型リゾートとして機能することを目指し、
  特に学者、文化人、企業家、上場企業管理職の、ゴルフを通じての交歓・交流の場として大いに
  利用されています。関西新空港オープンを契機に、新空港から奈良市内、学研都市、京都市内の
  交通アクセスが立派に整備されつつあります。平成6年度に京奈道路大久保インター/
  木津インター間が開通しました。
  平成9年度には第2阪奈道路も開通し、現在の西名阪松原インターの混雑が解消
  されました。さらに、名神3車線拡幅、京奈道路、第2阪奈道路、阪神高速のループが
  完成しました。さらに将来的には第2名神高速道路の城陽インターからのアクセスが良くなります。
   これからは、関西の情報経済及び中上級住宅の中心が更に東方に移動し、学研都市が近畿圏
  の新しい情報社会の重心となってきます。
   近鉄奈良駅からタクシーで片道約20分で往来できるゴルフ場の利便性は、高齢化時代を迎え
  つつある現在、非常に高く評価されています。
 
   発起人は、学研都市建設の功労者である関経連元会長宇野収氏、元近鉄会長(現相談役)上山
  善紀氏、及び当事業の主取引銀行である旧東海銀行伊藤元会長、南都銀行阪本元会長、旧近畿銀行
  楠社長、並びに東洋紡績瀧澤元会長、奈良東大寺筒井寛昭氏、奈良の代表的暖簾菊一文殊23代目
  松岡社長、更に、建設工事を担当した大日本土木甕(もたい)元社長、事業主より遠山元会長、遠山社長
  の、合計11名に加えて住江織物元会長上中正儀氏です。
 
  運営コンセプトは、
  『融け込む』   自然に、 人に、 地域に、 歴史に、 時間に、
  『優しい』     自然は、 人は、 地域は、 歴史は、 時間は、
  『究極の常識を』 自然と、 人と、 地域と、 歴史と、 時間と、
  会員定数、及び名簿を毎年発行することが、会則に厳格に明記されています。このように運営会社に
  対して厳格な会則は、株式会社運営方式では殆どありません。
   会則は、会員契約適正化法に準拠した新しい会則であるため、若干難解ですが、特に会社のなす
  べき義務については厳しく規定されています。運営も会員契約適正化法に準拠して、厳正なクラ ブ
  運営を図ります。
 

Copyright (C) 2007 Narayagyu Country Club. All Rights Reserved.